今はレーシックが主流になっていますが、私は平成7年に某大学病院でPRKの手術を受けました。ある雑誌で手術のことを知ったのですが、当時はまだ臨床試験という同段階だったので、手術代は無料。

とはいえ、実験台になるわけですからもちろん不安はありました。ただ、大学病院ということで漠然と安心したところがあったし、そのときにはすでに何人もの患者さんのデータが蓄積されていたというのも安心材料になりました当時私の視力は右0・05、左0・2くらいだったと思います。

そこでまず極端に悪い右眼から手術することにしたのですが、大学病院は比較的どこもそうですが、やはりそこでもすごく時聞がかかりました。最初に検査してから平気で何ヶ月も待たせる上、手術はさらに何ヶ月後:::。土日は休みですから通うのも大変で、結局そこでは右眼の手術しか受けなかったんです。

●病院を替えることの躊躇

レーシック手術後は右眼の視力に合わせて左眼はコンタクトで矯正していました。今考えるとめんどうなことをしていましたが、当時はそれが当たり前だったのでとくに気にすることもなかったのです。

ところが、ぞれから半年くらいが経過した頃、眼に異変が起こりました。手術をした右眼の視力が低下し始めたのです。診てもらったところ、後遺症によるへイズであることが判明。通常ヘイズは濁って見えるといいますが、それに対する自覚症状はなく、ただ視力が安定しないことが非常に煩わしかったと記憶しています。そんなとき、松原先生の本と出会いました。最新の器械を導入していることを知ったので、病院を替えてしまおうかと考えたのです。

まずは目薬で治そうということになり、しばらく治療をし、その聞に左眼を手術したのです。手術は同じPRKでしたが、その違いに驚かされました。器械の違いだけなんでしょうか。

前のレーシック手術のときは何ミクロンか忘れてしまいましたが、かなり削られたんです。そのせいか喉か腫れて1週間くらい仕事を休むはめになったのですが、なんとこちらの手術は、腫れのひきも早く手術当日から2日くらいで落ち着いたではないですか。

その差は歴然です。素人判断ではありますが、おそらく削る量が少ないということはそれだけ眼のダメージも少ないということなんでしょうね。その後、薬では右眼が安定しないということで、再度レーシック手術を受けました。

このおかげであんなに煩わしかったへイズもすっかり影をひそめ、今では安定した視力で物を確認することができます。さらにその後、右眼と左眼の視力を調整する意味で、左眼も再度レーシック手術しました。

結局、最初に受けた手術を治療する形の手術になってしまったわけですから、最初からクリニックに来ていればよかったとつくづく思ったものです。申アフターケアの重要性を実感前の手術と今回のレーシック手術では手術後の症状に違いがありましたが、もうひとつそれぞれの病院のアフターケアにも遣いを感じました。

例えば、PRKの手術の後はコンタクトを入れるのですが、前のときは翌日には外されました。しかし、実際はまだ表度ができあがっていないから眼か痛いんです。ぞれは我慢するしかなかったわけですが、こちらではそんな不具合はまったくなかったです。